禁煙をすることで増毛をする

喫煙は誰でも理解していると思いますが、百害あって一利なしです。タバコには、ニコチンやタールなど、健康を阻害する成分が多量に含まれています。ニコチンやタールの悪影響としては、血流を悪くしてしまうのです。血流が悪くなれば、髪の発毛をする毛母細胞に、栄養分が送られないような状態になってしまいます。

また、確かではないのですが、身体を健康に保つリンパ液などの流れを阻害するような状態になってしまいます。健康な身体を維持することができなければ、あらゆる臓器に悪影響を及ぼすことになり、最終的には、増毛をしようとする機能が衰えてしまうのです。少し飛躍的ですが、肝臓や腎臓などは、不純物を排出したり、身体に必要な栄養分などを摂取するように機能しているのです。

体内をめぐる血管に支障をきたしますと、毛細血管が多い、毛母細胞などは、すぐに悪影響を被ってしまう状態になるのは、誰でも推定できるのではないでしょうか。また、ニコチンやタールは、心臓や脳などにも悪影響を及ぼします。つまり、タバコの成分は、身体にとっては、悪影響を及ぼすだけで、メリットはないのです。

仕事などで、ストレスを抱えている人が、ストレスを解消するために、喫煙をするということを良く聞きますが、決してタバコの成分がストレス発散に効いているのではなく、タバコを吸っている時間が、ストレス解消のもとになっていると思われるのです。私も禁煙の努力をしても、いまだに喫煙をしている状態ですので、説得力はないかもしれませんが、喫煙が身体に悪く、増毛の機能を阻害していることは、なんとなく理解しています。

Comments are closed.