遺伝による薄毛で増毛をする

増毛をしたいと思う人は、遺伝により、薄毛になってしまう人も多いと思います。遺伝だから仕方ないと思ってしまう人もいると思いますが、確かに遺伝的な要素で、薄毛になる人は多いはずですが、日々の生活習慣により、薄毛を予防することができ、増毛を促すこともできるのです。

逆に、遺伝的に薄毛になる要素はないものの、日々の生活習慣や食生活、喫煙やアルコールの摂取などにより、薄毛になってしまう人は多いです。しっかりした根拠がないので、遺伝的な要素が強いのか、それとも環境が原因なのか断言することはできませんが、遺伝的な要素で、薄毛になる人は、かなり多いです。

ですから、身内に薄毛の人がいるような人は、若いうちから、増毛の対策をとっていた方がよろしいです。脱毛に気づきますと、一気に髪の毛がなくなってしまう進行性の薄毛もあるのです。ですから、薄毛予防をすることが大切なのです。

遺伝も含め、どのような理由であれ、薄毛は薄毛です。年齢よりも老けて見られることもありますし、爽やかな印象を持たれることがなくなってしまうのです。私事ですが、昔から、細くて少し茶色いような髪質でした。

今でも同様で、短髪にしているので、実感としては、髪の毛が薄くなったという意識はありませんが、少し前に、同窓会があり、髪の毛がちょっと後退したね!と言われたことがありました。自分では気づかないものの、時々会う人にとっては、髪の変化について、すぐに理解できるのでしょう。