誤った育毛方法が薄毛の原因

遺伝などが原因で薄毛になる人は多いと思います。ですから、身内に薄毛の人がいるような人は、若いうちから育毛をすることが必要になります。しかし、あまりにも育毛にこだわりますと、逆に薄毛を促進してしまうような状態になってしまう可能性もあります。

ご自身では育毛をしているつもりでも、頭皮を傷めるようなことをしたり、髪の毛の抜け毛を促進してしまっているようなこともあるのです。増毛を促すためには、頭皮環境を整えることが必要です。毛穴が汚れているような状態を避けなくてはなりません。毛穴には、皮脂が詰まっている場合が多いので、脂質を取り除く効果の高いシャンプーなどを利用してしまいがちですが、頭皮には、適度な皮脂も必要なのです。

頭皮を守るために皮脂はある程度必要なのです。人間は、外部から身体を守るための免疫力などを備えています。頭には、脳という最も大切な部分を守らなければならないので、髪の毛で外部環境からの予防をしていると考えてもよろしいでしょう。増毛シャンプーや増毛剤などを利用しすぎますと、適度な皮脂が失われてしまいますので、本能的に皮脂を過剰に分泌させてしまうようなこともあります。ですから、頭皮を清潔にしていれば、発毛に効果があるという考え方ではダメなのです。

そして、育毛の効果が高いと思われる増毛剤などを利用しますと、あまりにも強い成分により、毛母細胞の機能が侵される場合もあります。ですから、増毛をする方法としては、天然の成分が含有されている増毛剤を利用することや、頭皮の汚れを爪をたてて洗い流すようなことは避けなくてはなりません。

Comments are closed.